大阪市手をつなぐ育成会トップ > 事務局だより > 「部会」のアーカイブ

「部会」の最近の記事

就労部会 見学会(2011年6月13日 13:22)

 6月7日(火)就労部会では、社福)大阪手をつなぐ育成会 支援センターしらさぎに計9名で行きました。センター内作業場での取り組みだけでなく、就労および生活をサポートする拠点としての役割や機能について、丁寧かつ熱心にご説明頂きました。出口所長をはじめ、課長・主任と様々な内容説明から、その想いの数々が伝わり、参加者一同大満足でした。育成会として、同じこころざしを持つ立場として、目指すべき方向を改めて認識できた見学会でした。
 余談ですが、所長が帰り道に通っていかれたら・・と勧めていただいた南海白鷺駅までの公園の 菖蒲ですが、良い時期でとても美しかったです。 多岐にわたる心遣いありがとうございました。

事業所協議会 従事者研修会(2011年5月26日 14:40)

 5月24日(火)福島育成園にて、標記研修会を開催しました。
 主に事業所の支援スタッフを中心に40名以上のかたが参加されました。
 今回は講師として、小池メンタルクリニックの小池院長にお越しいただき、当事者を対応する上での医療面における視点についてをテーマに、主に質疑形式ですすめています。
 参加者からは普段実際に対応するうえで課題となっていることを色々と確認しておられます。
 普段、取り組んでいることが、「本当にこれでいいのだろうか?」と悩んだり疑問に思っていることを、専門の方に意見をきくことは、大いに意義があったのではという気がしています。正解がわかりずらいものほどこうした作業が必要だと改めて感じました。
 研修会は必要に応じて様々なテーマをとりあげられればと思いますので、ご要望があればどんどん出してください。

 平成23年3月4日(金)平成22年度最後の学齢期部会が開催されました。
 学齢期部会では、年間を通して、施設や企業への見学会、学習会や講演会といった活動をしており、今年度も多くの皆様のご参加をいただきました。高校3年生の子をもつお母様方は、学齢期部会を卒業となりました。
 今回は、主に卒業されるお子様の進路先について、お母様方にお話ししていただきました。進路が決まるまでの、お子様の施設実習や職場実習のお話など、失敗談や悩んだ点をふまえてお話しされていました。話し手も聞き手も、時間を忘れるぐらいに熱中し、貸し会議室の終了時間まであっという間でした。それだけ、進路が決まるまでの長い道のりがあり、そして親と子のがんばりがあったということでしょう。
 進路決定までの経験談は引続き、部会後の食事会(お別れ会)でもしていただきました。そうした機会があることで、来年度以降ご卒業のお母様方は、進路決定までの道筋がイメージしやすくなったと思います。
 今後も学齢期部会では,施設や企業見学・学習会など,少しでもお母様方のご助力となる活動をしていきたいと思います。

大阪市知的障害者育成会のトップへ 大阪市知的障害者育成会のトップへ サイトマップのページへ お問い合わせのページへ やさしいにほんごのページへ"