社会福祉法人大阪市手をつなぐ育成会は、知的な障がいのある人たちが必要とされる援助を受けながら地域で当たり前の生活が送れることを願って活動しています。

TOP > 育成会とは > 事務局だより > 平成30年度 事業所運動会 本人委員会 第1回が開催されました

事務局だより

平成30年度 事業所運動会 本人委員会 第1回が開催されました

2018年06月14日 17時00分

 今年で20周年となる事業所運動会が平成30年11月16日(金)に大阪市舞洲スポーツセンターで開催されます。
 本日はその準備のために参加の8事業所から今年の本人委員1名と支援者1名が出席し、第1回本人委員会が開催されました。

 藤原運営委員長のご挨拶のあと、少し緊張気味の本人委員の皆さんの自己紹介から始まりました。 
 第1回目の今日の議題は、「本人委員会の希望競技を決めよう」という内容でした。 
 ディスコタイム、バスケットボール、ドッジボール、輪投げ、ボウリング等、それぞれに考えてきた希望の競技を順番に一人ずつ提案しました。
 少し考える時間をとってから、多数決で最終的にはドッジボールに決定しました。次にドッジボールのルールと必要な道具についてみんなで意見を出し合いました。
 ①人にはぶつけたくないから、キャラクターに見立てたパネルにボールを当てる
 ②当たっても痛くないやわらかいボールを使う
 ③10個のパネルに時間を決めてボールを当てる
 ④一人ずつボールを5回投げる
 ⑤パネルの真ん中に印をつけて、投げたボールでパネルを倒していく
 ⑥動物の形の大小のパネルを作成し、点数をきめておく
等、たくさんの意見が出ました。
 今日出し合った意見を事業所に持ち帰って、次回はルールや競技の名前について話し合う予定です。
 ①どんな形のパネルを何枚作るのか?
 ②一人ずつ投げるのか?何人かで投げるのか?
 ③何回するのか?何分するのか?
等を決めていくことになりました。

 時間が経つにつれ緊張も解けた様子で、支援員さんと議題について一生懸命相談し、それぞれに考えた意見を積極的に発言されました。
 運動会へ向けた本人委員の皆さんの熱い活動を今後も報告していきたいと思います。

事業所

受託事業

ぽっかぽか